希土色の刻

KidocolorOhmichi's Reminiscences

2016-05-17から1日間の記事一覧

春一番が語っていた“ビートたけしの格好良さ”

春一番と毎日のように遊んでいた頃、彼の言葉で今でも記憶に残っているものがある。 ーー彼は殿を尊敬していた。 もちろん彼は本来、片岡鶴太郎の弟子なのだが、彼は日頃から「鶴太郎が死んでも泣かないが、猪木さんが死んだら俺も死ぬ」と明言していたように…